CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
BlogList
OTHERS
RECOMMEND
I DOLL―岡田唯ファーストソロ写真集
I DOLL―岡田唯ファーストソロ写真集 (JUGEMレビュー »)
外山 繁
ゆいにゃんはてんちなのれす。

炊きたてごはんでチャーハン

香りまつたけ味しめじ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
患者に…
どうでもいいことなんだけど、フォントが小さすぎると「藪様」が「棘様」に見えるだよ
まあ、あながち間違ってないかも知れん

行ってきました国際フォーラム

大倉忠義に騙され隊ハァハァハァ…!!

隆平(隆平RABU!)のウチワ振りながら見てきました大倉。
隆平(隆平RABU!)のウチワ振りながら見てきました松本幸大。
隆平(隆平RABU!)のウチワ振りながら見てきました玉森。
隆平(隆平RABU!)のウチワ振りながら踊ってきましたいろは節。

誰かあのドラム前カメラで撮った映像をください。
ずっとドラムを叩き続ける大倉の密●
ハァハァハァ

見に行った直後はね、こんなに興奮してなかったんですよ
寧ろSecretAgentManがあんなにカッコよくなっていたことのほうが驚きだったんですよ
飲み会で「大倉のドラムセットのシンバルになりたい」とのたまったとしてもまだそれは可愛いもんだったんですよ
その理由が「大倉の指で震えを止めて欲しいから☆」だったといってもまだギャグで済まされてたんですよ

人は恋に落ちると、無意識のうちに行動に出るらしいです。それが収集癖があり完璧主義なオタクだったら尚更です。
そんなわけで家に帰ってからの私の行動。
・ユメオDVD鑑賞(ファイメンを数回巻き戻す)
・少クラ(大クラ)鑑賞(いろは節〜クール…)
・ファンサイト巡り(もちろん大倉)
・イラストサイト巡り(もちろん大倉)
・名鑑7〜13一気読み(もちろん…)
・名鑑7にてどことなく林似の内に衝撃を受ける
・嫌がらせでUPしようとして思いとどまる
・るるじい・みっくんのいたVWへの愛が蘇る
・ほんじゃに・裏ジャニのビデオを手に入れようと目論む
・裏ジャニの録画予約
・ひとりでクリコンの予行練習
・大倉の待受を探す旅に出る
・ハチマキ姿のシゲを持ち帰る

これって濃いかな。
間違えた、恋かな ウフフアハハ
でも待受はまだしつこく緑の人なんだけどね
サマリ・春魂DVD臨戦態勢で待ってるんだけどね
まーいいんだ、誰に恋したって。楽しいから。

そういえば日記のタイトルを「炊きたてごはんで炒飯」に変えたいんだけどどうしようかな。意味はないの。でも変えたばかりだから少し悩む。

JUGEMのせいで思いっきり勢いで書いたイカレた日記が一回消えました
そのせいで若干文章から勢いがなくなりました 面白さも減りました 全然面白くねえや、すまみせん
死んじゃえばいいのに。と久々に思いました。
| 大倉忠義 | comments(0) | trackbacks(0) |
大倉忠義、全面カット
完璧にNHKに嫌われましたね、どうするんですか大倉さん
なんとなくNHK的放送コードがわかった気がする今日の午後
ウン●と、我慢できひんは駄目なんだね
でも米粒はいいんだね…!
丸さんの顔の方が放送コードギリってるとおもうんだけど、違いますか、そうですか

この間二度寝したとき、星野の夢を見たよ
夢の中で私は何故か内に夢中で、星野のことは見向きもしなかったよ
そんでもって内がいなくなった腹いせに星野に暴言吐いてたら、星野が黙ったので「都合悪いときは黙るよね、アハハ」と言ったらあのイケテナイ口調で「それは君もね」と言われたよ、アハハ。
いったい何を表しているんだろう。
わたししあわせ。


今日の少クラ。
あいわなみしゅーらびざしぇるたー!
酢豚に縛る好きな友達はHOLIDAYが始まるなり静かに部屋を出て行きました。そんでもってシェルターで戻ってきてもう一回ドアを閉めました。いっそ男前。
シェルターは島田が踊らなきゃ駄目だと思う
JJはいろんな人の神経を逆立てることが上手すぎるユニットだと思う
いっそ伝説。

あかにし仁ソロがらぶゆーおんりーでもいいと思った。
俺が好きだよー(俺が好きだよー)
早く言わないと 俺が溢れて はりさけそうさー

あぁ、「OnlyYou!」なジミーが超カッコイイ。
ジミージミージミー様。
ジミーが実は異国の王子で私は王家に嫁ぐの☆
カツンコンうちわ迷ったけどジミーにしようかな
いるのかな
カツンコンではジミーがりびだびだーろーか歌うんだよ!
ハンドスプリングするし、バックには五関と上田中丸が踊ってるんだよ!
もちろんみんな裸足のゲンだよ!クモン!

ウフフアハハ


なんかさあ、裸の少年って今つまらないよね
タイトルがハダカの少年なんだから、美味しいものめぐりも料理も、全部裸でやればいいのに
合言葉は、
「午後五時は、ふんどし一丁、裸の少年!」
ふんどしの前垂れに毛筆で名前が入ってるの。
なのにそのことにちっとも触れずに、番組が進行していくんだよ
後ろはTバックスタイルで
寒さ?そんなものシラナイシラナイ
あー、テレ朝スタッフだったら確実に提案してるね

そんな私はカツンコンはふんどしコンだと思ってますよ。
おみこしかつぐんだよね?
タイトルは「KAT−TUN『冬』裸祭!」
そんな私はSHOCKで田口の生ふんどしを見ましたよ。(超幸運)
男の美学は半ケツDAYONE!

一生にひとつ願いがかなうなら上里氏のケツを触りたい光子でした。

*****追記
ほら、言ったじゃん!
私、鮎川太陽はどSだって言ったじゃん!(8月3日参照)
ほら、やっぱりどSじゃん!
Sな太陽の時代じゃん!
サディスティック・アユ うふうふうふ
| 大倉忠義 | comments(2) | trackbacks(0) |
TA・DA・YO・SHI
一週間の半分以上家に帰らなかった。
こんなトシになってちょっぴり不良娘の光子です

なにしてたかっていうと最後のナツヤスミをオタと共に満喫していました
少クラがあったりその後の飲み会で酔ってお友達の家にお持ち帰りされたり次の日も初めて会うオタの姉さん達と飲んだりそのまま勢いで私の愛人(スキ☆)を連れ帰って何故か98年のMJを振り返るの会してTOKYO浜松町見て朝になって寝て昼になって引き続きMJとスタジオ時代の少年倶楽部見てそのあとアフター6パスでディズニーに行ってめっちゃ混んでて待たなくていいピノキオ乗ったら中丸のことを思い出して鼻がのびるよぉーとか言って泊まって飯食って本屋に寄ってポポロのトトロ大倉忠義にドキドキして帰ってきたら星野雑誌のコピーとカツン魂の振込みが届いていました。っていうこと。

怒涛の振り込みラッシュに戸惑いを隠せません
カツン魂行くぞ!!行くぞ行くぞ!
知ってます?私がかつん好きなこと
個人戦は星野が優勝でも団体戦はカツンが優勝だ
なんだかんだでファーストコンを引きずってるためドライブミーが好き。
そんっでもって〜視力0.台
この整えたチクビ見えるっか〜い?

見えるよ!赤西仁!
スタンド北14列でも見えるYO!

さてさて過ぎ去った少クラ公録を振り返りましょうかね
ホッサン含むDEFの面々は欠席でした
TBSの回し者たちはOPとコーナーにいましたぜ
ゲストは患者に8でした
最近MJを見てる身としてはスバルの年の取り具合に涙が隠せませんです
あぁ…マルさん…好き・・・・・・!
関西人コンプレックスがあるけれど丸さんの素敵なウザさは増せば増すほど好きになります
まず、顔がウザイです
動きもウザイです
声もウザイです
素敵だー

患者に8が結成された当初、私は「一番大倉くんがいいなー」と言っていました
シゲに似てるし、透明な存在感が素敵だと思ったからです
ちょっぴり太めだった過去の彼はどこへやら
みんなのヨシ君になってしまった彼
「えー、大倉?相変わらず好み微妙」
と私に言った友達よ、頭を下げなさい
今では押しも押されぬ身内の愛$、大倉忠義
ええ、買いましたよ 短髪黒衣装の彼の公式写真買い占めましたよ
夢青年シベリアンハスキー亀梨編の歌声に痺れましたよ

でも最近は丸さんの素敵なウザさにトロンとしてたわけです
だって親がボディービルダーとか、面白すぎるし

だけど、だけどさぁ…!
関8決めゼリフ編で、「アカン、もう我慢でけへん…」とうっとり薄目で囁く大倉忠義。
イヤァーー!

(以下ガケップチ女のどうでもいい男の色気論が続きます)
少クラ収録が終わって意気揚々と居酒屋へ向かう仲間たちの前で私は以下のことを呟いていたようです
「やっぱり男には色気がないと駄目だって実感したよ…私忘れてたよ…」
星野正樹に色気がありますか?答えはノーです!!
あー素敵だ大倉忠義。おじいちゃんみたいな名前のくせに素敵だ
星野ばっかり見てると自分の女としての(以下略)が枯れるよ
16歳なんて駄目だ駄目だ!
男は18歳以上しか好きにならねえぞ!!

、なーんてね
結局星野がいなかったからつまんなかったんでしょ、そんな言い訳しちゃうところが可愛い私
(もういい加減自分と言う人間に慣れました)

そんなわけで大倉にグラグラしながら、引き続き星野正樹の行くすゑを見守っていこうと思っている所です

田口淳之介は別格ね(てへ)

…クリコンとカツン魂の振込み、両方なんて出来、ない…!!
| 大倉忠義 | comments(0) | trackbacks(0) |